最短9分でパニック障害を克服!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害克服プログラム

サイト管理人からのお知らせなど

生活での注意点!(ケア)

● 規則正しい生活☆(早寝・早起き)

● ストレスを溜めすぎないようにしましょう☆

● 風邪を引くとパンック発作が起きやすくなると言われていますので、風邪を引かないように注意しましょう☆

● カフェイン飲料(例:コーヒー)などの刺激物は、不安発作を起きやすくしますので、飲みすぎは控えましょう☆

患者さんにとって、家族・周囲の人たちの理解と協力が必要なことが改めて分かりました。

患者さんも、自分でできるケアがあるので参考にしていただけたら幸いです☆★☆

パニック障害ポイント

以前も紹介したように、パニック障害の治療には、周囲の人、特に家族の人たちの病気に対する理解と治療への協力が必要になります。

家族の理解と協力が得られないと、患者さんは強い孤独感を抱くことになります。

パニック障害は、適切な治療により治る病気なので、家族も焦らずバックアップしてあげて下さい。

《患者さんと接するためのポイント! 》

@ できれば診察に同行してあげて下さい

少しでも早く正確な情報を医師に伝えるためにも、家族の方が診察に同行することをお勧めします。

また、家族の方も一緒に医師の説明を受けることによって、パニック障害への理解が深まり、治療の進行がスムーズになります。

A 発作のときの不安や心細さ・副作用に対する不安など、患者さんが抱えている問題を知って下さい

「また、あの発作が起きたら…」というパニック障害の患者さんが抱えている不安は、パンック発作を経験した人でなければ理解しにくいかもしれません。

しかし、パニック障害は治療を受ければ必ず治る病気だという事を理解して、温かく見守ってあげて下さい。

周囲の人の温かな思いやりが、患者さんにとっては何よりの安心になるのです。

B 発作が起こったときは、そばにいて安心感を与えてあげて下さい

パニック発作では、「このまま死んでしまうかもしれない」というような強い不安に襲われます。

パニック発作で死ぬことはないので、発作の時は患者さんの側にいて、できるだけこのような不安を取り払ってあげるようにして下さい。

C 広場恐怖のある患者さんは、買い物や外の用事に行くのが辛いことがあるので、その場合はできるだけ手伝ってあげて下さい

広場恐怖による、家から出れない状態は、うつ病などの二次的な症状を発症させる可能性があります。

誰かが付き添うことで、患者さんが外出できるのなら、なるべく手伝ってあげて下さい。

D 身近な人の声を聞くだけでも安心するので、1〜2分でもいいので話し相手になってあげて下さい

パンク発作に伴う強い不安が患者さんを悩ませています。

家族や友人などの、身近な人と話すことは患者さんにとって大きな安心になります。

少しの時間、患者さんと話をするといった小さな事でもいいので、患者さんが安心感が得られるように協力してあげて下さい。

家族・周囲の対応

最後に家族や周囲の対応について調べたのでご覧下さい☆

家族や周囲の人はどう接すればいいのか???

【病気を理解する】

周囲の人も病気について理解してあげることが必要です。

まず、身体に異常がなくとも激しい症状が起きる病気があるということを認識しましょう。

また仮病や気の持ちようで治るものではなく、治るまで時間がかかることもあることを理解しましょう。

【発作が起きてもあわてず騒がず】

周囲が騒ぐと本人の不安が増します。楽な体勢にさせてやさしく声をかけたり身体を摩ったりして落ち着かせ、「すぐに治まる」と安心させます。

【外出や通院の同行や食生活のサポート】

広場恐怖があると一人で電車に乗ったり街中を歩くことが困難な場合があります。

通院や暴露療法などの治療で必要な際には同行してあげましょう。また、正しい食生活など日常的なサポートも。

【うつ病の併発もあると知っておく】

パニック障害はうつ病を併発することがあり、またパニック障害が治ってきた頃に発症することもあります。

適切な対応ができるよう早く気づいてあげることです。

家族や周囲の人たちの力も必要なんですね。

まだまだ治療法はあると思いますが、これらの事に気を付けながら接するのが一番だと思います。

特集記事
カテゴリ
最近の記事
お役立ちリンク集
検索
 

パニック障害は治る

パニック障害からの快復

パニック障害なんてこわくない!

「パニック障害」メディカル・ガイド

私のパニック障害

パニック障害症例集
タグクラウド
ECサイト構築パッケージ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。